より最適なお店経営をサポート

ポスレジの種類や特徴

ポスレジには、スーパーやコンビニなどで使われているターミナルPOSや、タブレットPOSなどがあります。ターミナルポスレジは、大手チェーンを始め色々な所で使用されていて、レジ専用のハードウェアは企業の業種や形態によって変えることができます。レジは良く目にすることがある、スーパーのレジやコンビニのカウンターに設置されているタイプで、ポスターミナルと連携されている小型のハンディーターミナルは、店内売り場などで発注をしたり検品をする際に使用されます。ポスレジやハンディーターミナルは、ポスターミナルと連携されているので、販売状況や在庫数などを一元化して見ることが可能です。
ポスレジの相場は、種類によって異なり一般的なポスレジの場合、タブレットPOSなどに比べ高いコストがかかります。また、設置工事や構築費用なども必要です。タブレットPOSは、ソフトやアプリをインストールするだけなので安値で導入出来ます。しかし、機能を追加する場合にはその都度費用がかかります。一般的なポスレジとポスタブレットの中間に、多機能なタブレットタイプがあり拡張性などが高く、一般的なポスレジよりもコストが低めという特徴があります。最近のポスレジは事業規模や予算、機能性などによって使い分けが可能になっています。

業務の効率化に繋がる

ポスレジには会計や経理機能が備わっているので、上手く活用すれば業務の効率化を図ることができます。また、ポスレジはレジ閉めの作業を自動でこなすので、オーダーエントリシステムと一緒に導入すればスタッフの負担を減らすことができます。つまり、ポスレジを活用する際はオーダーエントリーを利用すると金額の打ち込みが必要なくなるので、会計時間を短縮することができます。そして、ポスレジには営業終わりのレジ締めの作業も項目ごとにまとめられています。なので、レジ金を合わせること以外に工数が掛からないので、ポスレジを導入すると業務の効率化を図ることが可能となります。
また、ポスレジに売上管理の機能があることにより、売上向上のためにデータを収集したり分析することができます。ポスレジでは、どの時間帯にどの商品がいくつ購入されたかがリアルタイムで確認できる形となります。よって、在庫の管理とも連携できるため、売るべき商品をスタッフ間で共有できるので、過去のデータを活用するのがポイントとなります。
なぜなら、昨年の同時期の売れ筋に合わせて、今年のメニューや商品ラインナップに活かすことができるからです。つまり、ポスレジを使いつつ顧客属性を分析してリピートに繋がるかを理解すれば、メニュー開発以外にも店舗づくりや価格構成の改善に活用できます。業務の効率化に結びつくポスレジは、売上の管理とマーケティングにも活用可能です。

Calendar

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Menu

2017年07月24日
魅力的な情報管理機能を更新しました。
2017年07月24日
活躍するシーンを更新しました。
2017年07月24日
ポスレジの需要と経営者を更新しました。
2017年07月24日
便利な機能が販売業務を助けるを更新しました。

Information

活躍するシーン

各お店でのポスレジの使い方 最近、ポスレジという言葉をよく耳にしますが皆さんはこのポスレジとはなにかご存知…

Read more

ポスレジの需要と経営者

使うお店がどんどん増加 皆さんは、ポスレジという言葉を聞いたことはありますか?レジという言葉は聞いたことが…

Read more

便利な機能が販売業務を助ける

打ち間違いを防ぐ機能 ポスレジには従来のレジと違って、レジを担当する者の不正を防止することができます。なぜ…

Read more

魅力的な情報管理機能

初心者でも扱いやすい コンビニやスーパーなど多くの小売店ではPOSレジが導入されている店舗があります。PO…

Read more

Copyright(C)2017 販売店の業務効率化を担うポスレジの機能を紹介 All Rights Reserved.