ポスレジの需要と経営者

使うお店がどんどん増加

皆さんは、ポスレジという言葉を聞いたことはありますか?レジという言葉は聞いたことがあるけれど、ポスレジというのはよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。ポスレジのポスはPOS(Point Of Sale)という意味です。日本語に訳すと販売時点という意味合いになりますので、ポスレジというのは、販売時点での商品の販売情報を管理するシステムを搭載したレジということになります。
ではこのポスレジですが、普通のレジとどこが違い、どういったメリットがあるのでしょうか?ここで指すレジというのはキャッシュレジスターのことを指し、このキャッシュレジスターは、私たちがよく見たことのある中にお金を入れることが出来、レシートの発行機能がついたレジです。キャッシュレジスターの場合だと、売り上げなどを一から集計してくてはいけなくなり誤差や時間のロスが生じてしまいます。
しかし、ポスレジを使えばリアルタイムで販売情報が管理されているので現時点での売り上げなどが、タブレット端末などですぐに確認することが出来るのです。この性質上、大規模チェーン店などにいち早く導入されてきましたが、最近では、個人の店や小規模の店舗でも用いられてきています。

経営者が覚えておくポスレジの利点

経営者の人は数字の計算が大変ですね。そんな時に役に立つのがポスレジです。ここではポスレジを使う利点について知りましょう。・ポスレジの何がいいのか キャッシュレジスターにないプスレジの魅力はいつ、何が、いくつ、いくらで売却できたのかデータで見る事ができる点です。
ポスレジでは商品が売却できた時点での情報を収集し管理と分析ができるシステムになっています。また顧客の性別、年代、来店人数など様々な要素も盛り込めば、より細かく販売データを作る事ができます。また従来のレジの使い方は金額や部門を一点一点手打ちする必要があったために、間違う事が多かったのです。
また時間もかかる欠点がありました。ポスレジなら多数の商品が記録されているデータベースを用意して、バーコードスキャナーと連動させる事により、打ち込み作業をする時間も短くする事に成功しています。それに打ち間違いが減る事により経理や会計担当者の人的コストの削減もできる利点があります。
ポスレジを採用する事で無駄なお金をかけないで経費の面で節約ができる経営が実現できます。経営者は日々いかに効率的に店を回していくのか、また経費の削減に繋げるのか頭を悩ませています。ポスレジが役に立つかもしれませんよ。

Calendar

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Menu

2017年07月24日
魅力的な情報管理機能を更新しました。
2017年07月24日
活躍するシーンを更新しました。
2017年07月24日
ポスレジの需要と経営者を更新しました。
2017年07月24日
便利な機能が販売業務を助けるを更新しました。

Information

魅力的な情報管理機能

初心者でも扱いやすい コンビニやスーパーなど多くの小売店ではPOSレジが導入されている店舗があります。PO…

Read more

ポスレジの需要と経営者

使うお店がどんどん増加 皆さんは、ポスレジという言葉を聞いたことはありますか?レジという言葉は聞いたことが…

Read more

活躍するシーン

各お店でのポスレジの使い方 最近、ポスレジという言葉をよく耳にしますが皆さんはこのポスレジとはなにかご存知…

Read more

便利な機能が販売業務を助ける

打ち間違いを防ぐ機能 ポスレジには従来のレジと違って、レジを担当する者の不正を防止することができます。なぜ…

Read more

Copyright(C)2017 販売店の業務効率化を担うポスレジの機能を紹介 All Rights Reserved.