便利な機能が販売業務を助ける

打ち間違いを防ぐ機能

ポスレジには従来のレジと違って、レジを担当する者の不正を防止することができます。なぜなら、ポスレジにはレジの使用ログが残るので、いつ誰が会計作業を行ったかが明確になるからです。つまり、ポスレジは打ち込みの際の不正がなくなるので、業務の効率化だけでなく健全な店舗運営を図ることが可能になります。
他にも、ポスレジであれば商品の金額を覚える必要がなくなります。よって、レジ打ちに慣れないスタッフでも、ポスレジならレジ対応をスムーズに行えるので、自然とレジ対応ができるスタッフが増えることになります。そのため、店が混雑時でもオペレーション効率を上げることができます。
そして、ポスレジは打ち間違いによる販売の防止を施すこともできます。それは、ポスレジは商品の金額を予め設定できるため、金額の打ち間違いがなくなるためです。また、会計後の打ち間違いによるクレームがなくなるので、ポスレジはカスタマーサービスの品質向上に貢献してくれます。
他にも、キャンペーンやセールでも、ポスレジは管理者側で金額を予め変更できます。なので、複数の従業員がいる場合や時間帯によってシフトが分かれてしまう場合において、情報共有が十分行き渡らなくても打ち間違える恐れがなくなります。打ち間違いを防ぐポスレジは、レジ担当者の不正を防ぐのにも役目を果たしてくれます。

現代の販売店に必須

ポスレジは販売店で商品の値札に付いているバーコードの情報を読み取り、その商品の値段や名前などの情報を画面に表示させて印刷し、レシートにするという販売店に必要なものです。レジに記憶された情報をもとに、人気商品や不人気商品を探すこともできるので、販売店にはなくてはならないものだと思います。
商品の購入情報でお客さんの年齢層や満足度もわかってきますので、すぐに売り上げが良い商品は在庫の発注を行えますし、売り上げが少ない商品はセールなどをして在庫処分することができます。データを集計することでお客さんの満足度を上げることもできるので、有能なレジだと言えます。
ポスレジはアパレル業界には特に必要なものです。アパレル業界は流行も関わってきますので、商品の入れ替えなどの回転率を上げなければ結果が出せませんし、ライバルブランドや店舗と競い合わなければならないので、必ず必要とされてきます。同じ商品でもカラーやサイズ、柄などの情報も管理できますので、どの商品が一番売り上げが良いのかなどがわかり、すぐに対応することができるでしょう。
アパレル業界に強いポスレジになるようにカスタマイズしている会社もありますので、アパレル業界の方はアパレルに特化したポスレジを使用するといい結果に繋がると思います。

Calendar

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Menu

2017年07月24日
魅力的な情報管理機能を更新しました。
2017年07月24日
活躍するシーンを更新しました。
2017年07月24日
ポスレジの需要と経営者を更新しました。
2017年07月24日
便利な機能が販売業務を助けるを更新しました。

Information

活躍するシーン

各お店でのポスレジの使い方 最近、ポスレジという言葉をよく耳にしますが皆さんはこのポスレジとはなにかご存知…

Read more

ポスレジの需要と経営者

使うお店がどんどん増加 皆さんは、ポスレジという言葉を聞いたことはありますか?レジという言葉は聞いたことが…

Read more

便利な機能が販売業務を助ける

打ち間違いを防ぐ機能 ポスレジには従来のレジと違って、レジを担当する者の不正を防止することができます。なぜ…

Read more

魅力的な情報管理機能

初心者でも扱いやすい コンビニやスーパーなど多くの小売店ではPOSレジが導入されている店舗があります。PO…

Read more

Copyright(C)2017 販売店の業務効率化を担うポスレジの機能を紹介 All Rights Reserved.